のだっちNEWS!!


 2004年9月〜10月の日記を見る           最新の日記へ


2004年12月31日


 2004年もあと残り僅かになり、
このHPも立ち上げてから、早2年目に突入しようとしています(^^;
 ま、今だ構成の拙さ等、問題点は多く残したままですが・・・。

 さて、
先日から大掃除と、修正会(お正月のお寺のお勤め)の準備に奔走していまして、これから1/8までは
 なかなか忙しくなってくるオイラ。(正月は忙しいものだと思ってます。(^^;)
 
 先日から気になっていた、カーオーディオのCDPの故障・・・。とにかく、
日ごろあまり使わないくせに、いざ使えない
 となると気になって仕方ない
ので、車購入貯金の一部からカーオーディオ代を捻出して・・悩みに
 悩んで、次に入れるデッキを決めました。

 やはり、ハーネス回りはそのまま移植できるという意味で、お手軽なKENWOODがいいだろうと。MP3とかWMAとかの
 対応も、最近ではほぼ当たり前になってきているのだけど、何気に長時間運転する事も無いし、大抵CDしか聴いて
 いないので、この点は別に対応して無くてもいいか・・との結論に。

 そうなってくると、
その中でなるべく音質の良いものを・・となってくる(笑 まぁ、所詮カーオーディオなので、
 ある程度気持ちよく聴ければ問題なし。あとは、運転中はいつも目にするので、デザイン的に安っぽいものは避けたい。
 以上のことを考慮の末、選択したのはKENWOOD製のK-WD01ってモデル。
 
 流石に新品はちょっと高くて手が出せないので、ヤフオクで
使用一週間のみという極上品を定価の半額以下でゲット
 年内取引希望との事で、30日に振り込んでおいたら今日届いた!!仕事早いね〜(笑  ヽ(´ー`)ノ

 

 元箱も説明書も全て欠品無しの極上品でした。指紋は付いていましたが、拭き取れば問題ないレベル。
 目立つ傷は皆無です。(´ー`)
 
 ってな訳で、今まで現役で頑張ってきたKENWOODの
Z505X505はご退役いただくことに。
 長い間ご苦労様。

 

 早速、取り付けです。
 時間的には10分もあればOKですね。
ハーネスは簡単でいいですよ。昔のカーステは大変でした。
 しかし、最後の所で、短いアンテナ線をつなげるのに一苦労あったり・・でも、何だかんだで20分で終了しました。
 ヽ(´ー`)ノ

 


 
取り付けたのでちょっと聴いた感じです。ソースはいつも車で良くかけていた”エリック・ジョンソン”の「Venus Isle」
 正直、
スピーカーは、それなりのものが付いているので、以前のまま交換していないので、さほど変化は聴き取れないと
 思いましたが、いや、いいですよ。
ハデではないし、低音も凄く出るわけでもないけど、普通に良い音
 というか、かなり澄んだ音で嫌味がなく、疲れませんね。ソースの録音が悪いときは、容赦なくその粗は出しますが・・・。

 やはり、価格なりの音というか、バーブラウンDACを方チャンネルに1個の合計2個使用という贅沢な回路設計が利いて
 いるのか、少なくともアンプ部一体型の2DINタイプのプレイヤーでは、かなり音の良い部類に入ると思います。

 あとは、フロントスピーカーを、組み合わせを推奨している
「K−ES01」に交換して、適当な小型サブウーファー
 でも入れてやれば、十分ではないかと(ぉ しかも、このモデル、
3年間モデルチェンジしないそうです。今主流の多機能型
 とは全く違った「シンプル・イズ・ベスト」の機種
なので、余計なコントロール機能は一切付いていません。潔し!!

 なにはともあれ、これで暫くは穏やかな日々が過ごせそうです。


2004年12月29日〜30日


 いよいよ、
2004年も残すところあと2日となりましたよ!
 そんな今日、
富山はとうとう(ようやく?)本格的な雪が降りました。ま、それでもあまり積もらない程度のものだけど。

 さて、
寒くなってきたことが原因の一つなのかもしれないが、今日、マッキンのアンプのラウドコントロールツマミを
 久々に弄ってみたら、何気に固くなってきていて、なにか引っかかりのような手ごたえ
もあるので、分解してメンテ
 する事に。
こういうこまめなメンテが億劫でないかどうかで、古いアンプを使う資格があるかどうかが決まる(笑

 早速分解。以前から幾度となく分解しているので、この辺は手馴れてきました(^^;

 

 

 ここです(笑 
これがラウドコントロールとバランスコントロールの2連ボリウムです。
 ここのグリスが寒さで固まったせいで、回転が渋くなっていたようです。さっそく、グリススプレーで対処。
 シリコーングリスです。
 とりあえず、
無事に復活しました。回転も滑らかに。よかったよかった。(;・∀・)
 
 実は、
ネットワークチューニングしてからというもの、エージングが進むにつれ、音に変化が現れてきたのです。
 チューニングを依頼したショップによると、エージング期間中、
一時的に暫くナローレンジの期間が続くとの事でした。
 
エージングが完了し、元の音に戻るのは200時間くらいかかるとの事だったので、流石にそれまで待てずに、
 ナローになった帯域を補う目的で少しラウドコントロールを弄ってみたという・・・・(笑

 でも、今回はやはり、ラウドネス使わずに、なんとかイコライザーを弄る程度でとどめておく事にしました。
 流石に、ラウドネス補正だと音が細くなる気がするしね。

 ・・・で、
現段階での位置です。なんとか試行錯誤してこのあたりに落ち着きました。
 暫くは、コンデンサーのエージングに専念します。

 


2004年12月25日〜28日


 葬儀も無事糸冬 了、(;´ρ`) グッタリ
 なんとか、年末へ向けての大掃除&部屋の整理に入りました。
 
 懸念されていた、
オイラのレビンの点火プラグも無事に交換終了
 あとは、最近、
CDの音飛びが激しくなってきたカーオーディオをどうするか・・・(ぉ

 って、最近、
メインのオーディオにかなり注ぎ込みすぎて、こういうところがなおざりに
 なってたのですよ!(|| ゚Д゚)

 
 最近の寝室は、真空管アンプを処分してからは完全にシアター専用になってるし、
 メインシステムはJBLのD130を中心とした3WAYでかなり追い込んでしまってるし・・・。
 
 という感じで、
以前は色々なスピーカーをとっかえひっかえ楽しんでいたのだけど、部屋の狭さが
 気になりだして・・・・というか、
いいかげん、機器整理をちゃんとしなきゃ・・という事で、
 またもや、
東京方面の友人にFF85Kのバックロード・スピーカーの長期貸し出し(事実上、譲渡?)
 を企ててみたり(ぉ


 とはいえ
、いきなりに、重くてでかいものを送りつけるのは流石に躊躇するので、暫くは隣の部屋で
 保管しておく事に。

 これで、
寝室は結構すっきりしたけど、ALTECの409-8Eがまだ残ってる・・・・・。
 でも、これ・・・・いい音だから気に入ってるし・・・手放したくない気もするんだよなぁ・・・。
 でも、
これがあるとタダでさえ狭い部屋が更に狭くなるし・・・・ホント、悩みどころです。


2004年12月24日


 世間ではクリスマスムードがこれでもかというほど高まっているみたいですが、ウチはお葬式が入りました。
 親戚の人が・・父の叔母さんにあたる人が、24日朝に亡くなりまして、葬式の準備に終われる一日でした。
 明日、お通夜で、明後日葬儀。

 年末にかけて、いよいよ少しずつ忙しくなってきました。
 オーディオにかまけている時間が、またもや少なく(というか、殆ど無い)なりそうです。


2004年12月23日


 
富山は本当に雪になりましたね(;・∀・)
 とりあえず、今日は午前中で仕事を終えました。点火プラグ交換の予定が、今日は天候が悪いので中止。
 家でのんびりしていたら、ペリカン便のおっちゃんが荷物抱えてきました。

 
届いたのは、以前から予約注文していた、”カウボーイ・ビバップ”のクリスマス限定(?)DVD-BOXでした。
 
5.1ch仕様にサウンドリニューアルされているそうで、久々に楽しみです。

   

 こんな感じのパッケージです。結構分厚い・・・(;・∀・)
 
クリスマスケーキでも入ってそうな箱ですよ。

   

 早速開封。すると、
いろいろなパッケージが出てきます。ヽ(´ー`)ノ
 これは・・全てDVDのパッケージのようですね。全部で7つ・・・つまり、全7巻という事です。
 こういう細かな演出は、限定BOXならではですね。
本編のストーリーをじっくりと見たことがある人なら、
 とあるシーンにでてきたアイテムとかを思い起こさせてくれる
ようなデザインになっている模様・・・。面白いです。

 

 
専用メモソーカードとか、アナロゲコントローラーとか・・・妖しい演出大爆発って感じです。
 開封するのを躊躇する位の出来ですが、今日はゆっくりと鑑賞してみます。ヽ(´ー`)


2004年12月22日


 今日は、とうとう雪がちらつきそうです。 (-Д-)サムイネェ
 ようやく、平年並みの気温に。例年よりもかなり遅い観雪かと。

 22日の今日は、午前中から雨が降り続いてましたが、午後からみぞれになり、夜に雪になりそうです。
 さて、
今日は、オイラの愛車”AE111 レビン”の、フロント・ブレーキのパッドを交換して貰う予定。

 以前、スタッドレスに履き替えたとき、店員さんが、一言・・・
「フロントのブレーキ・・無くなってますよ」
 ( ゚Д゚)ハァ?・・・・って感じでした。(笑
 
 まぁ、
そういや以前からなんか感覚が変だったかも。でも、止まれてたから気付かなかったと言う・・・(ぉ
 結構ハードブレーキングなオイラなので、減るのも早いのかも。

 ブレーキは無事に交換されて、確かに、ストッピングパワーが増した気がします(笑
 そろそろ、消耗部品も気になりだしたオイラ。暫く点検にも出していないので、
明日は点火プラグも交換です。
 


2004年12月21日


 今日は、
午前中は富山市のご門徒宅へ報恩講。今回は私服を持参。衣から着替えさせてもらう事に。(^^)
 向かった先は
タージ・マハール。ここで久々のインドカリーで昼食を済ませて帰ることに。帰り際、CD屋さんに
 寄って、
オイラの尊敬するジャンゴ・ラインハルトなるギタリストのCDを購入

 
帰宅したら、待ちに待ったネットワークが届いてた。ヽ(´ー`)ノ
 オーバーホール、長かったなぁ・・・。

 

 ご覧のとおり、
一見して端子が変わっているのがわかります。(^^;
 今回のオーバーホールに際し、端子類も新しくしてもらいました。
 何気に、
本体のクリーニングと、汚い部分は再塗装もしてくれた模様
 そういった細かな気配りがありがたいです。

   

 今回のオーバーホールの依頼先は、広島にある
”サウンドデン”
 その手の方々にはそこそこ名の売れているショップである。ビンテージスピーカーのノウハウが豊富で安心なので。
 ネットワーク裏面に、サウンドデン(DENTEC)でチューニングされたことを示すステッカーが貼られていた。

 

 早速取り付けて試聴です。
久々に聴くメインスピーカー。やはり、良い音です。
 アルテックの409−8Eも良いですが、やはりこれは
別格の音!! 先日遊びに来たW氏にも
 このスピーカーでの音を聴いてもらいたかったねぇ。(´д`)

 オーバーホールが終わったので、
接点のガリも無くなり、音圧もちゃんと揃うようになりました
 音質は、暫く聴いていなかったので良く聴こえるのかもしれませんが、明らかに以前より音が厚いです。
 レンジが広がった感じ。
コンデンサーの交換が利いているのかも。


2004年12月18日〜20日


 18日からは仕事納めというわけではないけど、

 またもや少しだけまとまった仕事が入って喉が痛い( ;∀;)


 ま、それでも、なんとか19日の夕方までに仕事を終わらせた。
ちょうど、その頃、東久留米より友人が向かっている
 との情報(携帯)が
。どうやら、夜9時頃到着ということ。まぁ、20日はたまたま休みだし、問題ないか・・という事で、
 
久々にW氏が遊びにきました。一年ぶりくらい。

 早速、ホームシアターでアニメ鑑賞したり、オーディオ聴いたり、パソコンで遊んだりしててその日は終了。
 
 
20日の今日は、富山のゲームショップへ行ってきました

 

 長らく、この手のゲーム情報は入ってきていないので、
何が新しいのやら古いのやら・・・( ゚Д゚)ポカーン

 とりあえず、ここで
浦和市に住んでいる友人D君に情報を聞き出すと、
 マヴラヴSUPPLEMENTなる新作があるとのこと

 
 そういや、新作のシール貼ってあるわ〜ってことでゲット(ぉ

 

 なんか、
その隣に”くじら”関連の直筆サインらしき色紙が・・・
 富山店まで浸蝕するとは凄いです(笑  ってか、ここの店なかなかマニアックな品揃え・・・。
 店長さん、やるですね。(・∀・)チゴイネ!

 その後は、
おいらの行きつけの(いつもお世話になっているお店)で食事
 寒ブリの刺し身とタラ汁が最高でした。もちろん、エビフライもね。ヽ(´ー`)ノ

   


 
・・・と、美味しく食べていたのもつかの間。流石に年齢が受け付けなくなったのか、途中で満腹でギブアップ。
 ⊂⌒〜⊃*。Д。)-з

 

 もう食えません(笑

 ・・・とまぁ、こんな感じでW氏の訪問は終わったのでした。
どつかれさん。


2004年12月16日〜17日


 流石に最近は寒くなってきた。
 さて、
17日の今日、いよいよ先輩からブツが届いた。ヽ(´ー`)ノ

 

 ちゃんと
マニュアル等も揃った状態でした。
 ただ、保証書が無い・・。ま、いいか。
どうせ保証期間なんて過ぎてるんだし・・・。(;・∀・)

  

 結構チープな外観ですが、そこは手作り。
外装も樹脂製なので、モロに外来ノイズの影響を受けそう
 
対策が必要ですナ。

 

 
とりあえず、分解してみました(ぉ
 オイラ、とにかく届いたら一度中を見ないと気が済まないタイプでして・・・(^^; 特に、オーデイオ機器は。

 これは、
ビスの部分に封印シールが貼ってあって、剥がすと保証が利かないのだけど、どうせ簡単に壊れる
 モノでもないし、有償修理ならOKっぽいので・・・。

 見れば見るほど、シンプルな内部。
何故か、3Pインレットなのにアースが落ちてなかったり、不思議な部分はあるけど、
 その辺はおいおい改造してみるつもり。ボリュームもなんかいらない感じだけど・・ま、これはこれで付いてても便利。

 

 
このアタリに音の秘密がありそうですよ ヽ(゚ー゚* )
 手書きで何か書いてあります。手作りっぽいな(笑

 

 
※この写真がほぼ実物大です。(15インチディスプレイにて)
 
 とにかく試聴
です。
 
ノイズ対策として、以前クリアーサウンドイマイで買っておいた、電磁波吸収シートで包んでOKと言う事にしました

 ソースはここ最近いつも聴いてる
”新居昭乃”さんの「EDEN」4曲目と2曲目
 メインスピーカーのネットワークがまだ仕上がってきていないので、
スピーカーは、とりあえず・・・ということで、
 ALTECの409-8Eという環境での試聴
です。(メインで聴くとまた評価は違ってくると思います)

 
CDPは、マランツのSACDP SA-14です。比較として、このSA-14の内部DACの音との比較ということで。
 ソースはCDです。接続は、今回は光です。同軸の方が良いのは判っているのですが、とりあえず・・という事で。

 まず、SA-14とOdeon−Lite・・・
ぱっと聴いた感じでは、どちらが優れているとも劣っているともわかりにくい音質
 
それほどまでに、SA-14のCD部のD/Aコンバーターが優れている・・ということなのでしょうか
 
Odeon-Lite・・・定価\189000のこのDACにしては、随分大人しいな・・・というのが印象。
 でも、ま、光接続でこれなのですから、同軸ならもう少し良くなるのかなーなんて考えも(ぉ

 と、
暫く聴いていたのですが、実はこれが間違いだった事に気付きました・・・。
 他の楽器では判りづらかったのですが、まずわかったのは、
ピアノの表現力が段違いということです!!
 Odeon−Liteの方が本物っぽい! この後、聴き比べを進めていくうちに、以下の事がわかってきました。
 あくまで、
ウチのシステムで聴いてわかったこと・・・ということ前提で・・・と書いておきます。

 ☆ピアノの音が太く艶やか。
 ☆ボーカルにかかったエコーが消えていく様が明瞭に聴き取れるようになった。
 ☆全体的にウォーム志向のサウンドに。
 ☆真空管アンプのそれに近い声のリアリティー


 中でも、
ALTECの409-8Eで、ピアノの音をそれらしく再生することの難しさは、オイラは良く知ってます。
 ドラムやギターは本当に良く鳴ってくれるのですが、ピアノは・・・アタックの強い部分ならまだしも、
繊細に弾く
 所で、ピアノというよりは電子ピアノのような音に聴こえることがあるのが、オイラのシステムで認識した409-8Eの
 欠点
でした。全体的なバランスは良好なのですが・・。

 それが、
Odeon-Liteを通したらちゃんと聴こえるんです。ピアノの音らしく・・・
 ひょっとして・・・・。これはいいDACなのかもしれませんよー。

 それと、さっきは丁度、電源を入れてからすぐの試聴だった・・・ということもあるのかも。
 
時間が経ってくると良くなってくるみたい(に感じる)
 気のせいかもしれないけどさ。

 暫くは退屈しないで済みそうです。


2004年12月15日


 今日は、
午前中は中庭の木の雪吊りに追われてた。先日、オークションに6B4G真空管アンプを出品していたのだけど、
 何気に、
以前、ウチの出品したJBL2402Hと3105ネットワークを落札いただいた方が、今回も入札してるよ〜っていう
 メールが届いていてびっくり!Σ(゚Д゚;o)


 同じ富山県に住む方で、以前もお取引いただいているということもあり、それならば、今の価格で早期終了しましょうか?
 ということになりました。ヽ(´ー`)ノ

 流石に、同県と言えども、結構離れた場所にお住まいの方なので、受け渡しをどうしようかな・・と思ってたら、
 
今日うかがいます!とのこと。早速、近場のインターで待ち合わせして、無事にアンプを渡す事ができました。
 遠いところからご苦労様でしたm(_ _)m

 さて、
これでシステムもシンプルに・・と思いきや・・・なんか、また新しいDACを手に入れてるんですが(^^;
 これもまぁ、
某先輩からの中古譲渡品なので、大した出費ではないのですが・・・・機器が減らない(ぉ
 その名は 
Odeon-Lite

 届いたらまたレポします。


2004年12月14日

 今更だから書かなかったけど、やはり取り上げておく。
 丁度一週間前の
12月8日は、元BEATLESのリーダー、JOHN LENNONの命日だ。
 それは、1980年の出来事だった。

 
今年2004年12月8日に、奇しくも、元パンテラ、現ダメージプランのギタリストである、ダイムバック・ダレル氏が
 ライヴのオープニング
演奏中に射殺された

 昔は、ダイヤモンド・ダレルとも名乗っていたのが懐かしく思い出される。
 当時、メタラーたけでなく、ヒップホップ系などの幅広い層のミュージシャンから支持された。メタル界では数少ない
 ギタリストでした。

 流石に、驚いた。まさかそんな形で・・。世の中、何が起こるか判らないものですなぁ。
 
ちなみに、12月8日は釈尊(釈迦)の成道日(悟りを開いた日)です。


2004年12月13日


 今日は寒い一日でした。
 
最近、メインのPCのマザーボードの調子がすこぶる悪くなってきて
 どうも、
IDEのセカンダリが認識する時としない時があるようである。(´ヘ`;)

 なんつーか、
以前もHDのデータが突然飛んで不思議に思ったのだけど、
 
次に立ち上げたらデータが復活してたり・・とかいう気持ち悪い経験もしている。

 
実は、このホームページのデータも全てそのパソコンに入っているので、マザボが万が一壊れたら・・・・
 ヽ(`Д´)ノウワァン
 
 そういう訳も有り、ここは早急に、データのテンポラリが必要だ・・ということに。
 しかし、ここでまたもや悩む。
HDD買ってきただけでは、マザボがアレなので結局使えない。マザボを交換すると、
 今まで構築したシステムが維持できず、再構築という面倒くさい事になる
。(壊れれば結局そうなるんだけど)
 
 ・・ということで、結局、こんなものを選んでみました。

 

 オイラの友人たちには、
(-Д-)ダメルコ・・・の称号を与えられて久しい老舗(メルコさん、すみません)
 メルコさんのLANハードディスクです。
 
 
ウチは結構メルコ製品が多いですが、ウチの環境ではそれといってダメなことはありませんでした。少なくともウチは。
 ってな訳で、ま、ウチのはバルク品でなくてちゃんとパッケージで買っているので、何か問題あったらメーカーに直接
 苦情を言えば済むし。

 さて、このLANハードディスク、結構便利かもしれません・・・が、価格が高い!!
 
こっちは秋葉みたいな場所が無いので、近場の家電量販店で買うことになり、その価格は更に割高となります。
 今回は、ポイントを使ったので\15000程度で購入できました。使ったポイントは14900ポイント!!
 
160GBで3万円たぁ〜〜どういう了見でぃ!?ってな感じっす。

 

 とりあえず、設置してみた。
 ウチは同社のAirstationを使っているので、そのルーターにケーブルを接続してコンセントさして、スイッチ入れるだけ。
 あとはドライバー(というかクライアントソフト)入れるだけ。ホント、セットアップなんてこんなもの。簡単ですよ。


 
ネットワークドライブとして認識した後は、こんな感じです。

 

 こんな感じで
普通に、マイネットワークから共有できます
 つまり、
ネットワークドライブというよりは、小さいサーバーマシンって感覚ですね。

 

 中に入ったところです。ここへ、データとか色々なものをバックアップしておけば安心って感じです。
 ちなみに、
同じネットワーク内にある全てのパソコンからデータが共有できるので、結構便利。
 
転送速度も、秒間90Mbpsクラスと、結構快適です。

 これでとりあえず、メインマシンのハードディスク内の貴重なデータの保存先が作れました。
 他のマシンからも同条件で使えるので、とても便利です。


2004年12月11日〜12日


 ようやく、忙しい仕事が落ち着いてきて、多少の暇が出てきました。
 とは言っても、
また年末の25日頃になると忙しくなってくるんだけどね。(;・∀・)

 
さて、最近はオーディオ関係にかなりのめりこんでいるオイラ。メインシステムのJBLに
 付いているネットワーク・・・・ユニットが8Ωであるのに対し、16Ωのネットワークを使ってた

 という、ある種奇抜な使いかたをしてたんだけど、
最近になって3110からLX-13に変更した。
 
 
JBLは、公称16Ωでも当時の測定方法の関係で、直流抵抗は8Ωであることが多いのだけど、
 やはり、公称8Ωユニットには公称8Ωネットワークのほうがマッチングがいいかなぁと。(笑 そんだけ。

 実際、
アッテネーターにガリが出ている古いネットワークなので、コンデンサはとっくに寿命をむかえている
 と判断。
今現在、ネットワークはオーバーホールに出しています

 その都合で、メインシステムで音楽が聴けなくなってるので、
寝室からアルテック持って来ました(笑
 直ってくるまではこれで過ごそうと思ってます。

 

 いや、しかし、マッキンに繋いで聴くのははじめてだけど、やっぱ、これ、
値段の割にかなり良いですよ!!
 音なんて、まさかこんなチャチな外見のスピーカーから出ているなんて最初は信じられないくらい、音の広がりが
 綺麗でスケールも大きいです。

 
楽器で言うと・・ピアノの表現が若干、苦手な感じですが、ドラムやギターは文句なし。ボーカルも綺麗です。
 これはこれでいいスピーカーですね。6畳程度の小音量再生ならメインシステムで十分通用する感じ。

 さて、これを機に、
寝室を完全にシアター環境と割り切る事にしました。

 

 ご覧の感じになりました。スピーカーを退かして、
真空管アンプがあったところにNIROのサテライトスピーカーを配置
 そのベースには余ってる御影石を活用です。
 これにより、
真空管アンプとDAC、スピーカーがご退役
 メインシステムに返り咲く事も無いだろうから、オークションで捌く事にしました。
 
 DACはまだしも、真空管アンプは完全なオーダーメイドで、おいらが直接手を加えた部分もあることもあり、思い入れも
 ある品なので、
持っていたいのは山々なのだけど、いいかげん、機材は必要最小限にとどめておく時期に来た
 
感じです。少数精鋭・・って感じの構成がいいかな・・・と
 
 というのも、現在の愛車の走行距離も既に13万キロを突破した今、
新たに車の購入資金の貯金に
 入りたい・・・というのがその理由
なのですが・・・(^^; 


2004年12月9日〜10日


 
報恩講の門徒さん宅回りもそろそろ大詰め。おおよそ終わりました。
 流石に疲れが溜まってます・・・。

 さて、今日は父親の買い物。
アラジン・ストーブの新型です(笑 
 こんな小さいストーブなのに今でも結構高価みたい。
 
 最近のはデザインも新しいね。
ストーブの炎が360度見れる、2重ガラスのホヤ仕様
 ブルーフレームも美しいです。ま、新品だから当たり前か(笑
 
   


 
いよいよ、本当にストーブが必要な季節になってきました。
 オイラのアラジンもそろそろオーバーホールしないと・・・・。


2004年12月8日


 今日は、一日かなりの忙しさで、夜まで暇がありませんでした(´ヘ`;)  ってか、

 長年、伐採したかった家の表庭の山側にある杉の大木を切り倒す作業
を見守ってたり。
 伐採に当たって、門徒総代の方々が重機の手配やらなにやらしてくれた。

 まず、50年以上も昔からオイラの家にある梅の木を切り倒す。
自家製の梅干の材料となる梅を毎年たわわに
 実らせていた
木を切り倒さないと重機が入らないことが判明。

 小さい頃からあった思い出のある木だけに、オイラには少し寂しい気もしたけど、門徒総代の方々にしてみれば
 別に何の思い入れも無いただの木にすぎない。容赦なく切り倒す事に。ま、確かに広くなるけどね。
 長い間ありがとう。

   


 そして、信じられないくらいデカイ重機が家の庭に入ってきました
。運転、上手いね(^^;

   

 
 
 結局、この
クレーンで大木にワイヤーをかけて吊るして、下をチェーンソーで切って、持ち上げて・・って
 作業が続きます。

 

 かなりの大木も、
まるで木の葉のように空中で舞います(危ないって・・・(;・∀・)ヤメル

   

 
年輪がかなり詰まった杉の木です。こうして、次々に伐採されていきます。

   

 そして、作業は暗くなっても続きました。
 
次は表門の横にある、傾いてきているツゲの大木を短く切ります

   

 かなりの高所で作業する事になるので、スポットライトを当ててました。暗いので手ぶれが・・・(ぉ

 
  

 
こちらも無事に終了です。あとは、チェーンソーで大木を細かくしていきます。
 
後片付けが大変だなぁ・・・(;´ρ`) グッタリ


2004年12月7日


 
ようやく、C34Vが再オーバーホールから帰ってきました。これで、全ての接点不良、トランジスタ不良、リレー不良が
 治ってきました。( ;∀;)  
晴れて完動品です。ヽ(´ー`)ノ  早速、システムに復帰させました。

 
 
 
この写真で、いつもと違う機器を発見したとしたら、あなた!意外とよく見てますね〜
 
 オイラは以前より、
状態の良いアナログ盤を、なんとか状態の良いうちにCD化しておきたい・・と思い立ち、
 
PC使ったりDAT使ったりして数年前からいろいろと実験してはいたものの、PCで作成したCDはどんなにがんばっても
 ノイズっぽくて音質が劣化したような感じが出てしまう
事が判りました。やはり、サウンドカード程度では取り込みは困難
 その点、
DATは音はいいのだけど・・結局テープメディアだし・・・MDなんて圧縮音源はもってのほかだし。(^^;

 ということで、新たにこんなもの導入してみました。
TASCAMのCD-RW750です。
 かなり安くなってた在庫処分品で、実売3万円台でした。
 
 アナログ音源からのCD作成は、作業自体はPCで可能ですので、PCさえ持っていれば・・
大多数の一般の人には
 必要ないもの
なのですが、やはりそこは専用機。PCで作成するより遥かに高音質なCDを作れます。

 
アナログインプット時は、24bit処理でのサンプリングをA/Dコンバーターで行い、それを16bitにサンプリング
 し直す方法を取る事で、音質劣化を最小限に控えた構造
です。16bit直取り込みより音が滑らかです。

 


 

 
これで、試しにCDを制作してみました。ソースはビートルズのMFSLアナログ盤の”BEATLES FOR SALE”
 以前にかなり極上のミント盤として手に入れたもので、ほぼ新品状態を維持していましたので、今のうちに・・という事です。
 
以前も書きましたが、MFSL(通称:モービル盤)のビートルズは本当に音がいいです。

 

 音圧こそ初期のモノラル盤には譲りますが、音質と音の粒立ちはモービル盤に到底適いません。ましてや、
 
現行CD盤なんて話になりませんなぁ〜( ゚Д゚) (本当ですよ!)
 
 出来上がったCDの音は、なかなかのものです。ダイナミックレンジを維持しつつ、CD化する事ってできるものなんですね。
 流石に、
アナログ直の音にはかないませんが、かなりいい線いってます。

 

 ※試聴したい人は直接来ていただければ試聴可能です(ぉ 
  ”BEATLES FOR SALE”のレコード盤の音と、このCDの音と聴き比べてください。きっとその完成度の高さに
   驚かれると思います。

 
アナログ盤を沢山持っていて、保存に困っている方や、テープ等のエアチェックが溜まっていて整理したい人などには、
 かなり使えるレコーダーだと思いますよ!!


2004年12月6日


 
昨日の夜から凄い風と雨が、今日の午前中まで続きました
 静まってみると、
いよいよ冬が到来の気配が。結構寒くなってきてます

 最近は
ファンヒーターエアコンのお世話になりっぱなしだったので、ふと、
 昔使っていたストーブを出してみることに。
 結構使ってなかったので、
多少のメンテは必要でしたが、まだまだ完動です。
 流石、
構造が単純なストーブは強い!!

 愛用しているストーブは、
オイラが生まれる前からウチにあったストーブで、
 イギリス生まれのブルーフレームストーブ
”アラジン”ですヽ(´ー`)ノ
 燃焼効率がいいので、炎が青いのです。自然対流式では唯一では?

   

 なかなかに趣のあるデザインです。なんか、こう、
メカニカルな雰囲気が好きで、オイラの専用のストーブとして
 中学生の頃から使っています。外見は流石にボロですが、最近は芯を新品に交換して、機能的には完璧な状態を
 取り戻しました。

 

 この青い光が、これが
ビンテージな石油ストーブなのだ・・ということを忘れさせてくれます(笑
 一人、薄暗い部屋で青い炎を眺めボーッとしているのも良いものですよ。
 
   

 
1974年製造の、モデル38というものです。
 30年の風格は伊達ではありません。

 最近、寝室のシアター環境が大分馴染んできたので、
このストーブをこのシアターで使用することにしました。
 完全燃焼で臭くないので、狭い部屋でも問題ありません。

 

 どのあたりに置こうかなぁ・・・。(;・∀・)

 でも、
換気には気をつけましょうね


2004年12月5日

 RCAケーブル交換してから数時間試聴すると、もともとのベルデンも良いのだけど、もともとスピーカー自体が
 音の広がりが無いモニターライクな音がしているので、少し遊び心が欲しいと思うようになってきた。

 なるほど。
スーナーケーブルが面白かったのはそういうこともあるのかも
 逆に、最初からそういう音の出るスピーカーであればベルデンでも全く同じだろうけどね。
 
 
結局、P.A.Dのケーブル、1組くらい持っててもいいかな〜って、オークションで同じ物を見つけて買っちまいました(ぉ
 いや。先輩の策略にまんまとハマッた形に・・・(;・∀・)
 ケーブル関係に金をかけないと誓ったオイラだけど、少しばかりの出費。
もう買わないけどね(笑


2004年12月4日


 
最近のオーディオやヴィジュアル関係のシステムのアップグレードっぷりが激しい今日この頃のオイラです。
 
そんな影には、少なからずとも、東京に在住の某先輩の恩恵があっての事なのです。
 昔から、
オーディオ機器やその他のアイテムを格安で(またはタダで)提供してもらってきました。(^^)
 つい先日も、三菱のプロジェクターのランプとか、安く譲ってもらったばかりなのです。(もう使ってないけど)(ぉ

 
そんな先輩から、久々に「お試しアイテム」が届きました。ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
 以前は、
アコースティックリバイブのコンセントタップだったり、やたらと太い電源ケーブルだったりしたのですが・・。
 
今回は、な、なんと!! あのP.A.DのRCAケーブルですよ!!Σ(・∀・;;;)

 いやね、
アホみたいな高価格ぶりに、( ゚Д゚)ポカーン って感じだったのですが、タダでお試しっていう
 事であれば是非使わせていただきますって感じです!

 よく調べてみたら、
どうやらP.A.Dの中では最も下位モデルとされている、”ミューゼアス”ってケーブルですな。
 でも、それでも・・国内正規価格が\140000!!( ゚Д゚)ヴォケ!!
 直輸入価格で安くても3万円以上もしてるみたいですよ。見た感じまだまだ綺麗です。

 

 
クリアーサウンドイマイでは、いつも聴いているケーブルメーカーなのですが、自宅のシステムで
 どのように鳴るのか、はたして、
オカルトグッズに騙されているかのようなその価格差がどの程度
 音の差として聴き取れるのか??
早速実験です。その前に、今一度ディテールを観察です。

 

 
ケーブルの方向性が示されていますねぇ。ってか、太いな〜(笑

   

 端子の輝きを見ると、殆ど使用されていなかったことが伺えます。
今は、その先輩はP.A.Dの最高グレード
 から3番目のもの全ての機器に導入しているとか・・・恐ろしい財力ですよ(´ヘ`;)


 

 とりあえず、
取り回しは意外と楽。で、重さも、このクラスのものであれば大した事無いようです。
 
スーナーケーブルのほうがよっぽど神経使います

 さて、試聴です。ケーブルの特性を最大限に引き出すため、
CDP-パワーアンプ間を直で繋いでの試聴です。
 
ソースは新居昭乃のEDEN。4曲目。

 
比較対照は、現在使用中のBELDEN8412(シールド加工 1m)です。
 なぜなら、ケーブルの長さが同じだし、かなり条件的にもいいかなと。それだけ。(ぉ
 ちなみに、ここでの評価は、オイラのシステムに限っての独断と偏見の評価ですから、悪しからず・・・。

 
※CDP:マランツ SA-14 、パワーアンプ:McIntosh MC7150 、
   SP:JBL D130+LE85+LX13、SPスタンド:サウンドトレールSTT-04 での評価です。


 まず、
BELDEN8412の音。いつもながら、必要にして十分、かちっとして真面目な音を聴かせてくれます。
 おそらく、万人が「自然な高音質だ」という認識を持ってくれる音です。変な癖が無い。無難。
 
新居昭乃のボーカルはきちっとセンターに定位し、各楽器も均等に振り分けられた感じ。好バラン

 ・・・・・で、次は
P.A.Dのミューゼアスに繋ぎ変えてみました。
 
音の場の広がりはかなり凄いです。今まで、せいぜい、広くてもスピーカーの幅の範囲でに広がってたハズ
 
楽器の音がスピーカーの外側にまで広がってるように聴こえる Σ(゚Д゚;o)


 考えられるのは、
ケーブルの方向性管理による位相の微妙な変化なのかもしれませんが・・・。
 それにしても、感心したのはこの手の方向性を持たせているケーブルは音がぼやけた感じに聴こえるケーブルが多い
 のですが、これは割に、音の立ち上がりは良いケーブルのようです。方向性が無いケーブルに近い。

 
ボーカルとか、その他の音作りやバランスに関してはベルデンとかなり似ています。というか、
 ほとんど同じ音色かも。

 これは、ベルデンって凄くコストパフォーマンスが良いということでしょうね。ホント、ベルデンは偉大です。
 ・・・・・とか、考えながら更に1時間ほど様子を見てみました。
 
  
両者の相違点は『音の広がりと、静けさ』だけでした。
 つまり、ステージングの広さと音のS/Nの良さだけ!?

 
 という結論です。 いや、ってか、
音はベルデンのケーブルですよ。まんま。P.A.Dって、実は
 中身ベルデンなんじゃないの!?って感じ(笑


 サウンドステージの広さという観点から判断すると、P.A.Dは確かに一歩だけ抜きん出ているという結果。
 
しかし、それ以上にベルデンのその音の出方の正確さ、コストパフォーマンスを露呈する形になった
 のも事実です。(
その価格差を考えたら、圧倒的にBELDENの勝利というところでしょうか)

 つまりは、
シールド分の価格って事なのでしょうね。スゲー儲けてるな〜。(^^;
 たしかに高価格だけど、
今回の実験結果でわかったことは、P.A.DのケーブルはBELDENケーブルのユーザー
 にならば違和感無く受け入れられるはず
・・ということですね。


2004年12月3日


 今日は、
朝早くから練馬の友人からメールが入ってたり。
 「むかってまふ」・・って・・・
結局来る事にしたのか〜!!!(゜∀゜)

 何気に、友人は結構早くウチに着きましたよ。お昼前には。
 ・・で、早速、おみやげとか貰ったり。

 その後は
おいらのオーディオでダメダメなドラマCDかけたりして遊んでました。

 先日、
注文しておいたNIRO 1.1PROUが、午前中届く予定なのでけどまだ来ない・・・。
 で、仕方が無いので、午後1時頃まで
録画が溜まってるアニメの消化。スクラン最高(爆

 さてと、そんなことしているうちに宅急便のおにーさんが。いよいよ届きましたよ!!

   

 
メインのサテライトスピーカーと、サブウーファーのショット。どちらもフラットケーブルとハーネスでワンタッチ
 アンプに接続できますので、メカ嫌いの女性でも簡単にセッティング可能だと思います。
 
スピーカーのスタンドを作るのが少しだけ面倒なだけで・・・。(;・∀・)

 今回も全て携帯のカメラなので、ちょっと不鮮明だけど、実際は結構塗装の仕上も良いです。
 
特にサブウーファーは低価格機の割に豪華なスパイクとスパイク受けも
 ついていて、床への振動を最小限にする努力が ( ゚Д゚)ウマー


 

 こいつがアンプです。
フルデジタルなので恐ろしく小さい・・・。それでも出力トータル200Wと、
 必要にして十分。光入力2系等と同軸デジタル1系統、更に
フロントパネルにも光端子を装着しているので、
 機器接続の自由度は高いです。

 おいらは同軸デジタルを使用してみました。
 各ユニットのレベル調整等、殆どの操作は付属のリモコンで行えます。

 
 

 
ソファーに座ってみた視点です。サテライトスピーカーにスタンドをつけて、丁度センターの位置に設置します。
 本当は、
ユニットの左右の空間を、それぞれ1.5メートル以上取るのが理想らしいですが、
 部屋の構成上、左側は1m程度しか取れませんでした。ま、いいか。

 早速試聴。(試聴中は写真をとっていませんが)
友人がプロジェクターの、予想以上の高画質ぶりに暫し
 驚いている隙
に、アンプの調整項目を弄ってみました。

 
一通り弄った結論・・・・思っていたほど音質的に優れているわけではないです。それでも、
 
生半可なサラウンド・システムよりは遥かに良い音がしている感じです。特にウーファーの威力が凄い。
 
小さいのに良質の重低音を聴かせてくれます
 
 やはり、いつも音楽を聴いている
2ch専用のシステムがどんどんとグレードを上げるに従い、耳がその音に
 慣れてしまったせいでしょうか
。音質という面では平均点って所です。ただ、音場感には換えられません。

 そして、わずらわしい沢山のスピーカーが要らないのに、これだけの音を聴かせてくれるので、
部屋の美観を
 損ねたくない人でサラウンドに興味がある人や、低価格で始めたい人、機械音痴の人
などには、価格だけの
 価値はあります。そういう限られた環境でしかシステムを構築できない系の人にとっては、これはかなり良い選択
 です。損はしません。ただ、
部屋の広さはそれなりに必要なようです。

 さて、ひととおり友人と試聴してから、昼飯を食いに出かけてきました。
 近所にある
「草の子」って蕎麦屋さん。オイラはてんぷら蕎麦。友人は五目蕎麦。しめて\2200なり。
 なかなか美味でした。

 友人は、午後4時に無事帰還。
 日帰り・・・タフだねぇ〜〜(笑


2004年12月1日〜2日


 
いよいよ12月!冬将軍到来です。
 先日、注文したプロジェクターは、既に発送済みとの事で、そろそろ届くかな〜とか楽しみにしながら、
 
プロジェクターを載せる台を適当に作ってみた。すのこを利用してワイヤーで吊っただけ(ぉ
 
 

 
犬の散歩は毎日の日課。今日は転機がよかったから久々に自転車で犬の散歩。
 
明日12/3は、実に2ヶ月ぶりの休日だし!!ヽ(´ー`)ノ うれしい。

   

 久々に海に連れて行ったら、スゲー喜び様です。ってか、
海草とか乾いている物が転がってたら、即効でゲットしてるし。
 
何食ってんだよ!!(ぉ

 さて、
散歩が終わって家に帰ってみたら、届いてました!!
 
ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ 祭りだーーーー!!!(ぉ

   

 いやね、思ったよりずっと造りが良いですよ。重さは軽いけど(笑
 
液晶PJなので、ドット欠けが心配ですが、とりあえずセッティングしてみる事にしました。
 マニュアルは結構わかりやすく書かれていて、初心者でも安心です。

 

 全て携帯のカメラで撮影したので、明るさがたりずにちょっとボケていますが、こんな感じでセッティング完了です。
 あとは、
レンズシフトと台形補正でスクリーンにジャストフォーカスする様に調整します。

 早速、試写。
ニニンがシノブ伝のDVD A巻です(笑

 

 斜め横から撮影してみました。音速丸が(・ε・) って顔してるショット。

 
以前使っていたLVP-L01との世代の差を感じさせる画質です!
 ってか、
継ぎ目が気になりません。かなり滑らかにしようと頑張っています
 色のりも良いし、満足。見たところ、ドット欠けや常時点灯も無いようです。(^^)

 早速今晩から、じっくり試写してみます。
 まだ、最初だから良く見えるということもあるので。


2004年11月28日〜30日


 
最近は午前中は朝早くから、午後3時頃までは結構忙しい感じで仕事をこなしている。
 30日の今日は、ヤフオクで発送する荷物があったので、仕事の後、急いでクロネコと郵便局へ。
 
 と、そのとき、
後からパトカーがついてきていることに気付かなかったのがオイラの落ち度。
 去年の11月にも捕まったかなぁ・・確か。
最近はご無沙汰だった”スピード違反”で3点減点 
 くっそー、出費デカイ〜〜〜ヽ(`Д´)ノウワァン
 ネズミ捕りでなくて、普通に追いかけられて捕まるなんて珍しいかも(ぉ
 
 ま、
幸い(?)去年捕まってからの1年の間は特に捕まらなかったので、累積で0点に戻ってたらしく、
 青色キップだったけど・・・(ノД`)・゚・  


 ちょっとブルーな今日この頃。皆さんはどのようにお過ごしでしょーか?(笑

 さて、遂にというか、とうとう、先日ここで宣言した

 パナのプロジェクターを予約しちまいましたよ!!

  ジョーシンwebで頼みました。他のネット通販とかに比べて、価格が一見高いようだけど、ポイントで
  10%還元されるので、実際は結構お買い得という仕組みになってます。
 
 どうせだから、、オイラの寝室・・・出来るだけ快適に試聴できる環境へと整理する事に。

 とは言っても、
ベースとなる部屋が築92年と古く、かなりボロい畳部屋なので、どう見たって
 ホームシアターというには程遠い
のです。ただ、雰囲気だけでも真似てみようかと、
 これまた古いソファーとか置いみたり。ま、とりあえずこんな感じ。

 

 
スクリーンからの試聴距離が2.5メートル前後です。ま、スクリーンが60インチだから
 離れすぎても困るので・・。こんなものでいいと思う。
 
 

 壁に掛け軸の日焼けの後が・・・(;・∀・)ヤメル
 スクリーンは、60インチで4:3のものをチョイス。ま、
 価格的なものもあるんだけどね(^^; 
80インチはいきなり価格が上がるので。
 やっぱ、安いほうがいいし(笑

 

 ケーブルは
カナレのコンポーネントを選択。5メートルで十分なのです。とりあえず。
 ・・とまぁ、新しいプロジェクターが来たときの準備は着実に進んでます。(^^)

 で、ひととおり基本的な機器が揃ってくると、今度はサウンドをいじりたくなるというものです。
 いや、今のままで十分にいい音ですけど、やはりマルチチャンネルなサラウンドとかに興味が
 出てくるわけでして(^^;

 で、大分前になるけど、
クリアーサウンドイマイで試聴したNIRO TWO 6.1 のことを
 思い出しました。
 
 確かフラッグシップモデルだったと思うけど、ポン置きの簡単セッティングで、かなり本格的に鳴っていて、
 友人のT君と共に、その鳴りの良さに驚いたのでした。

 でも、その価格は\200000以上となかなか敷居が高く、良いのはわかっていても手が出なくて選択肢には
 入りませんでした。その後、廉価版の
NIRO 1.1PROが発売されましたが、こちらも10万円オーバー。
 しかも、DVDプレイヤー一体型のレシーバータイプのアンプということで、少し距離をおいて見ていました。

 しかし、その簡単なセッティングと、バランスの良い音が脳裏からはなれず、何気にNIRO ホームシアターHP
 を覗いてみました。すると、NIRO 1.1 PROUなるものが、DVDプレイヤーを除いてサラウンドアンプだけにスマート化。
 装いも新たに出てるではないですか!! しかも、
価格も2万円以上安くなってます。!(゜∀゜)

 
PROUというその響きに、古き良き時代に駆け抜けたX68Kを少しだけ思い出しつつ、そのスペックと
 セッティングの簡易さを再確認。しかも、PROシリーズはそこそこ広い部屋でも使えそう・・・。
 ということで、
オイラ的ホームシアターのサウンドまわりは、簡単で間違いの無いNIRO 1.1 PROUで
 決定
することにしました。

 いや・・・ここにきていきなりホームシアター病にかかって高額な散財の日々ですよ。
 っつーか、その前に部屋を何とかしろって言う感じも(ぉ

 でも、あと一歩で大画面環境実現です。ヽ(´ー`)ノ


2004年11月27日


 
そりゃもう、凄い勢いで仕事の連続だったのですが、ここいらでやっと通常のペースに戻りそうです。
 ふぅ・・・
アキタ━━━(#゚Д゚)━━━!!!!  (ぉ

 せっかく買ったプロジェクターもろくすっぽ見ないまま、貯金だけが溜まる日々(笑
 そのせいか、
オイラらしからぬ稼ぎっぷりに、自分でもちょっと驚いてみたり
 それに輪をかけて、
ヤフオクで色々な機器を捌きまくって、こちらでもたんまり貯金
 
 
キクチの新しいスクリーンも届いた事だし、プロジェクターの試写実験も終わったので、
 
発作的に、ここいらで最新の高画質液晶PJに買い換えることを密かに決意!!
 ・・・って、
ついこのあいだ買ったばかりなのに・・早くも三菱の液晶PJ(LVP-L01)をヤフオクでドナドナ(ぉ

 
なんか、買った金額以上で売れてるんですけど!?・・・・(^^;;


2004年11月24日〜26日


 ホント、
最近はまともにパソすらやる暇無いほど忙しいです。
 いそがしいというか、一日にフリーになる時間が30分も無い感じ。
 
 芸能人じゃないけど、その過酷さが判るような気がした今日この頃。
 
分単位のスケジュール管理、早朝から仕事で、仕事から解放されるのが
 深夜・・・
。その間、数分も暇な時間が作れない状況です。
やる事が多すぎて間にあいません


 というわけで、この辺が限界(笑


2004年11月22日〜23日


 
遂に三十路ですよ!!。・゚・(ノД`)ヽ(゚∀゚ )アヒャヒャ
 ま、中身は何も変わってませんがね(笑

 さて、
22日にはお葬式の後の寺参りが終わって、24日からは報恩講回りが再開されるし、
 
23日は久々に一日休みがもらえるものと思ってたら・・・23日早朝に電話が。
 
またまた葬式ですヽ(`Д´)ノウワァン

 今回は、近所のおばあさんがなくなりました。ま、大往生って奴ですね。年が年だったし。
 
明日は納棺〜お通夜。明後日葬儀で、スケジュール乱れまくりです。
 
 (;´ρ`) グッタリ 〜


2004年11月20日〜21日


 
ご門徒さんの家々を回る報恩講の忙しい真っ只中、久々の休みを取る予定だったのですが・・
 
その休みを利用して友人T君の結婚披露パーティーに行って来る・・・つもりでいたのですが・・・・ねぇ。
 タイミング悪く
19日の夕方にご門徒さんの訃報があって、20日にお通夜、21日の午前中に葬式が入って
 マジで死ぬような忙しさでした。いやね、
普段の日から忙しいのに・・睡眠時間まで・・・(´ヘ`;)

 とりあえず、21日のパーティーには、出席してあげたいので、
気力でカバーする事に・・したのだけど、
 
流石に睡眠時間0時間の実働32時間ではグロッキーなことこの上ありませんでした。(;´ρ`) グッタリ
 
内容としては手作りの、心がこもった良いパーティーだったと思います。いくつかのイベントにも参加させて
 もらったし、料理も美味しく結構楽しめました。しかし、いかんせん体調が悪く、結果、殆どパーティーの記憶
 が残って無い・・・(残念 それでも、帰りの運転も眠らないで無事に帰宅。
その後なんとか気力で最後の仕事を
 済ませて、こうして日記更新に辿り着きました
。早く寝よう・・・。
 
本当に、せっかくのパーティーなのに余興する気力無くて
 御免ね〜>T君&奥さん
 
 この埋め合わせはいつかしますよ〜〜(笑 

 二人とも末永くお幸せに。そして、これからもよろしくです。

 
 ってか、
元気だったらマジでギターでもひとつ弾いてあげようかな・・位のつもりでいたんだけど、寝不足で
 ヘロヘロでテンション低かったうえに、喉がそんな状態では無かったです。(;・∀・)
 流石に、風邪が原因ではないようで、最近声帯ポリープが悪化してきたのか、酷い咳と声枯れに
 悩まされてます。

 
明日も早朝から仕事です。キタ━━━━ヽ(´д`*)ノ━━━━!!!!
 
ぐんにょり。


2004年11月17日〜19日


 本当に仕事が忙しいです。
 っていうか、もうかれこれ2週間もまともに遊びに外出していないです。
 
せいぜい本買いにいったり、ゲームショップ行ったりしたことがあるくらいで、
 それも
おおよそ1時間以内の外出に限っての話。むーーー。

 というわけで、
ヤフオク人生を謳歌中ですよ!!
 結局、長年慣れ親しんだLDプレイヤーはヤフオクに出すことに。
 なかなか稼いでます(ぉ

 さて、新しいオモチャをゲットしました。今度は映像機器です。
 
 

 いきなり 
中古のプロジェクター ゲトーーーー! 
 モヘーーーー ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ


 いや、
先日も友人のT君と電話で、「欲しいな〜」って話してたばっかで、超タイムリーなんだけど、
 近所の(とは言っても遠いけど・・)ハードオフで
ジャンク扱いで\40000っていう
 かなり安い価格がついているという情報があったので、電話で取り置きして貰って即効ゲット。
 自宅まで配送してもらいました。ジャンク理由は、
ランプが寿命でNGだから。
 あとは、
1ドットだけ緑色の常時点灯があるから。ま、この辺は液晶の特性らしいので仕方ないか・・(^^;

 型番は、
LVP-L01っていう三菱製の液晶プロジェクター。型的には二世代くらい前のものなのかな?
 今となっては少し見劣りする
解像度(SVGA)だけど、最近の明るすぎるプロジェクターと違って、
 ホームシアターなんかは少し暗めがいいらしい。これは
700ANSIルーメンという明るさなので、
 明るすぎず暗すぎず・・
発色はこの時代のものではトップクラスに綺麗な様です。
 定価に対して、手に入れた価格を考えれば十分な感じ。
(ま、今回の購入は遊びなので・・・)(ぉ

 
いつも頼りにしてる東京の先輩に頼んで、三菱製の交換用ランプを\15000で譲ってもらって早速交換
 あっさりと、もともとの綺麗な画質で写りました ヽ(´ー`)ノ 合計\55000・・・ま、こんなもんでしょう。
 
とりあえず、動作は問題ないようです。

 動作確認が終わったので、
寝室の部屋を片付けて、簡易ホームシアタールームにすることに
 スクリーンがまだ無いので、
昔の8mm用のスクリーンを倉庫から探してきて吊ってみた(笑
 あとは、
プロジェクターの台をカラーボックスで代用。スペーサーにCDを挟んで高さ稼ぎ(ぉ

 ベッドを退かせばもっと大画面もOKなんだけど、コンポーネントケーブルも長いものが無いし、
 DACへのデジタルケーブルも短いのしかないので、今のところは60インチサイズで我慢。

 部屋はこんな感じになりました。

 

 
今まで使ってた液晶TVが端に追いやられてます(笑
 
 正面から。

 

 
スクリーンが30年以上前のものなので、かなりしわがよってます・・(´ヘ`;)
 近々、これより少し小さめの、60インチの新しいものを導入予定。

 本当はっと大きいスクリーンが欲しいけど、先に書いたとおり、部屋の関係で照射距離が2.5m程度しか取れず、
 60インチサイズにしかならないのでした  ヽ(`Д´)ノウワァン

 ってな訳で、
キクチの安いのをヤフオクで発注済(ぉ
 近々届く予定です。

 とりあえず、今はこの状態で実験。
 
早速、試写してみました

 

 
 薄暗い程度の明るさで試写した感じもとりあえず、問題ない感じです。ってか、

 画面の大きさに可能性を感じます・・・。

 昔のモデルとは言っても、十分綺麗に感じます。まだ、目が肥えていないので(笑
 
これで、PS2でのゲームもDVDも大画面鑑賞ができる!! 
 今度、プロジェクター台をもっとしっかりとしたものに交換予定です。


2004年11月15日〜16日


 
遂に治ってきましたよ!!! C34Vがっっ!! ヽ(´ー`)ノ
 早速セッティングです。動作確認は必要ですからね。

 

 
EXPAND/COMPRESSとも、全く問題無しです。ちゃんと治ってます(^^)
 いや、音圧をいじる回路って、治しても使わないと思ってたけど、結構これはこれで使えるかも。
 
古くてレンジの狭いソースなんか、特に威力を発揮しそうですよ!

 

 
修理の明細です。
 回路的に劣化していた部品を交換する以外に、一応他の回路チェックもしてもらった模様。
 暫くはこれで問題なく使えますな (´ー`)

 

 ようやく、
全ての機器が揃いました。久々。
 SRVのCDを早速試聴です。

 これですよ!これ〜〜(笑
 このなんともいえない潤いを持ったきらびやかで厚い音・・・これは癖になります。


2004年11月11日〜14日


 いやー、もーーー忙しい日々です!!
 
声を使う仕事のせいか、近頃喉に違和感があり、声枯れが治りません
 
マジで声帯ポリープでも出来てるんじゃないか!?とか思いながらも、
 医者に行っている暇が無いのでそのまま放置プレイ(ぉ

 ま、喉に効く薬とかはこまめに使ってるんだけどね。
 風邪の影響で咳が治らない事も原因としてあるかもだし。

 さて、そんなあわただしい中、一昨日の12日、こんなものが届いてました。

 
 
 どうやら、
ねこねこソフトの不定期会報のvol.1のようです。
 このへんのサポートというか、ユーザーフレンドリーなところは凄いですよね。ここのメーカーは。
 
正規購入したのは2回ほど。そのときアンケートはがき書いただけでこんなのくれるんですからねー。
 
 そして、仕事が終わった深夜、書店をうろついていて発見。思わずこいつらも買って来てしまいました。

 

 最近は品薄みたいです。
 TVアニメ化の力って凄いですね。(^^;


2004年11月9日〜10日


 
C34Vプリアンプをオーバーホールに出して一週間あまり経ちました
 いまだに、治りましたという連絡が無いので、修理と調整にてこずっているのかなぁ・・・。
 部品点数多いからなぁ・・・(´ヘ`;)

 と、何気に、スピーカーに目をやる。実は、最近、
ネットワークのマッチングを試してみたくなってきて、
 
トリテックFOSTEXのコイルやらニチコンのオイルコンデンサーやらでネットワークを自作してみようかな〜
 とか思っている
のだけど、その都度、この大きく重たいスピーカーBOXの移動を行うのは大変な労働なのです。

 そこで、
どうせ暫くプリアンプが戻ってこないなら、この辺から解決していこう!と、色々とネットで探してたところ、
 丁度良さそうなものがありました。大型スピーカー用のスピーカースタンド(キャスター付き)その名は
 
サウンドトレール
 
 どうやら、重い大型スピーカーには専用のスピーカースタンドが無いという観点から、セッティングの容易性も
 考慮して設計したものらしい。設定価格は少し高いものですけど、他には換えられないので
製作者さんにメール
 すると、
どうやらその人もJBLのD130を使ったシステムを使っているらしく、その点について、D130ユーザーとして
 いろいろとセッティングやマッチングのアドバイスをしてあげたら、モニター価格ということで少し安くしてくれた。
 ヽ(´ー`)ノ 
ま、このくらいの金額ならいいかな・・って事で購入決定ですよ!

 
で、届きましたよ。サウンドトレール。思っていたよりもかなり頑丈で仕上げも綺麗です。
 一見簡単なつくりですが、
実際に制作してみると判りますけど、キチンと水平出しつつ、この形に組み上げるのは
 素人にはかなり困難
です。(実際、これと似たようなものを造ってみた事がありますが・・難しかったです)
 大きいボール盤と専用の治具があれば何とかなるかもですが、その辺の工具を揃えるだけでかなりの投資に
 なってしまうのです。そういうことを考えれば、この程度の金額は出す価値があるというもの。

 

 
国産の桜材かな?なんか、そんな感じの積層角材で作られています。重量は今までの御影石の1/2ですけど、
 御影石は一度セッティングするとそのままだし、BOXを面で設置させているので低域が少し膨らむ感じがしました。
 そういう意味でも、
こっちの方がいろいろな面で音質的に有利な気配がするので、思い切って交換ですよ。

 でも、
重量が80kg以上もあるBOX・・しかも、持ちにくい形状のものを持ち上げて乗せることは、一人では不可能
 です
。で、少し考えて、テコの原理を利用して乗せることに。

 

 つまり、こういうことです。
スピーカーBOXを傾けてその下に左の角材を潜り込ませ、今度はBOXを反対側から
 持ち上げて(角材と同じ高さになったところで)、その隙にトレールを横から滑り込ませてやる作戦
です。
 トレールに傷が付かないようにという配慮と、乗せた後にスピーカーの位置調整が楽なように、ダンボールの切れ端を
 敷いておきます。これ、一人でトレールにBOXを乗せる際の結構重要なポイントです。

 

 こんなインシュレーターも一緒に付いてきました。これも、
何らかの木材をフェルトで挟んで作ってあるもののようです
 点接点に近づける意味でも、これは案外重要なパーツかもしれません。せっかくですからこれもセットする事に。

 

 
セットしましたーーヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
 
面白いくらいに楽に移動できるし、スピーカーの位置調整も楽になるしで
 大変便利ですよ!!

 『キャスター足って、音はどうなのかなー?』という不安はすぐに無くなりました。
低域が締まり、音の見通しが
 違います
。なるほど、大きさと自重があるだけに、キャスターでも十分にピンポイント接点ということなのですねー。

 

 これでスピーカーのセッティングはこまめに弄れます。ネットワーク交換も楽々。
 良い買い物でした。


2004年11月7日〜8日


 最近、めっきり休みが無いオイラ。
今日は久々に、午後からの半日の休日を満喫しています。
 ってか、
2日連続の休みというものが存在しない今月〜来月。なかなかハードです。

 そんななか、
ゲームすらする暇が無いオイラですが、なんとなくフラフラと”新型PS2”ゲット(ぉ
 ってか、
PS2自体、持ってたにもかかわらず、結局ほとんどゲームとかやんない(やる時間が無い)し、
 かさばるし・・・という安直な答えを導き出して、ついこの間ヤフオクで売りさばいたばかり
なのに、

 すぐにPS2を買い戻しているとは・・・
意味無い事この上なし(ぉ (;・∀・)
 しかし、新しいハードが好きで仕方ないオイラ。気になりだしたら止まらないので、とりあえず実験のため
 ゲットというわけです。早速、レポ。ヽ(´ー`)ノ

 

 
うちの近所では、大体\20000前後が相場のようです。オイラも例外なく、そのあたりの金額で購入。
 今までのPS2と比べて、大きさがかなりコンパクト。どうやら、
スライド式ローディングトレーを廃止し、
 
トップローディングに変更し、更に本体内臓の電源部を廃止して、外付け安定化電源(安定化ACアダプター)化
 することで、本体サイズの縮小と、内部発熱の上昇を最小限にとどめた事で、コストダウンとコンパクト化
 
を同時に達成しているようである。

 

 とりあえず内容物は全部でこんなかんじ。本体の大きさが小さいのがお判りいただけるだろうか?
 
コントローラーのサイズと比べてみて欲しい

  

 縦置きスタンドを取り付けるの図。
かなりの薄型なので、そのまま本棚とかにも入りそう
 
作動音も、初期型PS2と比べてかなり静かになってます。アクセス音も気にならないレベル。
 オイラの手の大きさと比べてもこんな感じ。

 とりあえず、
寝室に液晶TVを移動してしまっているので、寝室にてセッティング
 これでいつでも寝る前にゲームが遊べる環境になりました。
 後は、
オイラにゲームする暇さえあれば完璧なのですが(笑


2004年11月2日〜6日


 忙しい連日で、
日記更新も絶え絶えな今日この頃です。
 それはさておき、ニニンがシノブ伝のドラマCD、遅ればせながらゲットです。

 

 
富山県に住んでいると、こういった類のCDってなかなか店では売っていないので、通販でゲットですよ。(;・∀・)
 
初回特典がボーナスドラマというこだわり様。そして、「若本紀夫さん」が音速丸の声!!
 ってのが凄いです(笑  しかも、内容もかなりアレですし。なんかエロエロです。(ぉぉ

 
サザエさんのアナゴさんの声であり、機動戦士ガンダムのジーン軍曹の声であり、ファイブスター物語の
 ボード・ヴェラードの声
であり、カウボーイビバップのビシャスの声である若本紀夫さんですよ!!
 つまり、ドラマCDとはいえ、TVアニメ版と同じ声優さん。アニメから入ってイメージが固まっててもOKな出来です。

 さてさて、ついでといっては何ですが、オイラの尊敬するJAZZギタリスト

 ”渡辺香津美”氏の新作「MO’BOPU」
も同時購入しました。ヽ(´ー`)ノ

 

 
ハイブリッド仕様のSACDですので、オイラのSA-14用に欲しかったという意味もありますが、彼の演奏はいまだ一級で
 あり、オイラのようなギターフリークの憧れ的存在でもあります。まさに、
日本が誇るミュージシャンズ・ミュージシャン
 JAZZギターファンはもとより、ロック系のギターが好きな人にも是非聴いてほしい一枚ですよ。


2004年11月1日


 いや、一年が経つのは早いもので、
HP立ち上げてそろそろ一年が経ちますよ。
 昨年の11月10日に仮に立ち上げてから、毎日のように日記更新してきましたが、
 そろそろ当方の契約容量が一杯一杯のようです(^^;
 
近日中に大幅リニューアルしたい気も・・。
 
 さて、いよいよ
寺としては忙しい時期に突入ですよ。ヽ(`Д´)ノウワァン
 今月も来月も、殆ど、自分の暇な時間が取れません。
暇さえあれば寺の仕事の勉強を
 しなくてはならない時期になりました。
(各寺院を回る報恩講に関しては大分慣れてきのだけど・・)

 ま、
今度は11月17日に、御消息様(つまり、昔の手紙の巻物を読むのですが)があるので、今から
 そろそろ昔の崩しかな文字を勉強して、慣れておかないと読めない
ので、暇を見つけては勉強です。

 よって、
ゲームもできないし、音楽もまともに聴いている時間が無いのですが、どうせ聴けないなら
 この機会に、例のプリアンプ(McIntosh C34V)を、オーバーホールしようと思い立ち、購入したショップに
 メール。
山形県にある”オーディオラボオガワ”ってところ。

 すると、ラッキーなことに、不良個所の点検と劣化部品交換をショップ持ちでやってくれるとの事 ヽ(´ー`)ノ
 早速、送り返しました。
10日〜2週間で治ってくるというし、忙しい時期と重なってて良い感じ。

 そんななか、治ってきたときの事を見越して、こちらは
新たなケーブルゲット!!
 今まで、スーナーの前へ前へと出る音が気に入って使ってましたが、少し落ち着いたフラットな音を再度
 聴いてみたくて、
昔の愛用品”BELDEN 8412”のスペシャルバージョンの0.75Mのものを2セット揃えました
 素人作業でなくて、プロが製作したものです。オイラより処理が丁寧だろうからね。仕上げもいいし。

 

 
ノーマルのものにテフロンシールドを施し、更にスミチューブでシールドして、チタンオイルで接点を磨きこんである
 というものです。ま、殆ど気休めでしょうけど、リファレンスとして長い間使用していくものですので・・・(;・∀・)

 

 今までのスーナーも、気に入っている事に違いは無いので、保存しておく事に。
 これだけ前へ出てくる音のするケーブルって、他にはありません。
 っていうか、
ケーブルで音が変わるということを露骨に感じさせてくれた最初のケーブルです。
 これ以外でも、変わるんですが、ココまでの変化はありません。そういう意味で貴重なケーブルです。