topヘ  

2017年12月以前の過去の日記へ
大昔の日記へ・・・(;・∀・)


2018年1月14日


今日は久々に雪の晴れ間だった!

昨年年末から暫くは小康状態だった雪も、
1月11日から2日ほど、結構降っていただけに、
今回の晴れ間はとてもありがたく気持のいいものだなぁ・・・と。
明日も午前中は晴れているのかな?





せっかくのいい天気も、また急な仕事が入って今日も明日も仕事なんだけどね・・・(´ヘ`;)
そんな中、こんなアイテムが米国から着弾!!



自分が大好きな、ストコフスキーのRhapsodies・・・の、なんと、マスターテープの等速ダイレクトコピーです!!



こんな感じで、100%テープ2本組。収録はオリジナルLPからと同様の4曲。



使われているテープはATR製のマスターテープっぽい・・・。リールにもレタリング。



・・・で、
これをただ普通にデジタル化したのではつまらないという事で・・・
最近はまっているカセットテープにダビング・・・www


いやいや、
カセットテープなんて音悪いでしょ!?とか思われがちなんだけど、なんのなんの。
マスターコピーからのダビングであればなかなかどうして、CDにも負けないテープが完成するし!



現行唯一のハイポジ・テープを製造している、米国のNAC(National Audio Company)の60分のクロム・テープにダビングします。
このテープはなかなか品質も良いみたい。

今回のマスターコピーソフトは、CCIRイコライザー準拠で製作されてるので、普通にNABのデッキで再生すると
イコライザカーブが違い音がかなり変化してしまう。
そこで、簡易的にCCIRの音に近づけるためにイコライザで
調整してからダビングした。




出来上がり。
デンスケで再生するとちょっとだけナローで温かな音になるけど、A&Dのマスターデッキの自己録再でかけると、かなりマスターテープに近い音で
録音できていることに感動する
ね。磁気記録メディアの音質にはデジタルには無い独特の生々しさが存在しているように感じる。(^^)


2018年1月1日


新年、あけましておめでとうございます!
昨年はオーディオよりもロードバイクな一年だった気がします・・・(;・∀・)



というわけで、皆さんよいお正月を・・・。