BBS
[記事リスト] [新規投稿] [新着記事] [ワード検索] [管理用]

投稿時間:04/05/15(Sat) 12:30
投稿者名:Kann
Eメール:
URL :
タイトル:Re^3: XVI起動しなくなりました

Kann@XVIユーザ(電源故障中) です。

1年半前に中古で購入し、分解・清掃した時に以下のような症状になったことがありました。
# いずれも組み立て時の私のミスが原因(爆)ですので参考になるかどうかわかりませんが、似ているところもあるので・・・。

○ 1秒間隔で勝手に電源のON/OFFを繰り返す

XVIの底面基板上にあるRTC(RP5C15)からパルス信号が出てたりしませんか?
このRTCには、ALARM信号以外に1Hz/16Hzのパルス信号出力機能があります(18ピンDIPの15番ピンが出力です)。私の場合、ここから1Hzの信号が出ていました。
このRTCはCR2450(底面基板に直付け)でバックアップされていたので、小1時間悩んだ末・・・底面基板のみを完全に取り外した状態でCR2450の+/−を一瞬短絡させてRTCをリセットしました(滝汗)。
# バックアップ電池にはよろしくないのですが、非常事態だったので・・・。
# 多分、どこかをショートさせてRTCの設定が変更されたのだと思います。

○ 動作中にリセットがかかる

振動でリセットがかかったり、一瞬10MHzに切り替わったりしました。
MPU基板が正しく取り付けられておらず、68000の足の辺りがフレームか何かに接触していたのが原因でした。

> X68kの電源はショートを感知すると出力を切る

これ知ってれば、あんなに悩まなくて済んだのかも・・・(謎)。

> 底面基盤へのコネクタですが、右側タワーのカバーを外し、2本のフラットケーブルの間にある物を外しました。それを抜くと、カチカチ言わなくなります。CRT出力などはありません。おそらく、MPU基盤に電源がきていないと思います。
> また、前面にある動作周波数表示のLEDは、この状態でも切り替えスイッチにしたがって切り替わります。
> なお、MPU基盤の異常判断のため抜いたケーブルは、RGBユニット横の赤黒線のコネクタです。

底面基板は6ピン、MPU基板は2ピンのコネクタで電源供給されています。
6ピンを抜くと、底面基板−MPU基板間フラットケーブルのI/Fも機能しなくなります。CRT出力が無くなるのは、このためではないかと思います。
周波数切り替えはMPU基板の電源で動作しますので、2ピンが接続されていれば機能するはずです。


- 以下は関連一覧ツリーです -
- XVI起動しなくなりました - ゆう 04/05/13(Thu) 21:46 No.1601

このメッセージに返信する場合は下記フォームから投稿して下さい

おなまえ
Eメール
題   名
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
URL
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)
プレビュー

以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます
■記事No ■削除キー



- Web Forum -